うつに陥りやすいシステムエンジニア

システムエンジニアはパソコン業務が一般的ですが、その他にも取引先と連絡をしながら仕事を進めたりと業務を計画的に進めるスキルや、コミニュケーションスキルなども求められます。そのため想像しているより大変な仕事であり、一度のちょっとしたミスがすべてのシステムダウンを引き起こしたり企業にダメージを与えたりなどプレッシャーのかかる仕事でもあります。

また長時間労働に陥りやすい環境が多いのも事実です。
仕事を受注した客先の注文に振り回されたり、不況による荷重労働やリストラ、社内の編成改革など様々な要因により長時間労働が引き起こされるのです。体を動かす肉体労働とは違いその多くはパソコン業務なので、それが長時間労働に繋がると眼精疲労から頭痛、食欲低下、集中力の低下、倦怠感などに繋がりうつ病を引き起こします。また最近は精神的に疲労している事が多くうつ病を引き起こす事が多いのです。

このようにシステムエンジニアの労働環境は過酷であり、少なくとも長時間労働を減らす事が求められています。うつ病対策としては勤務時間内の仕事を心掛ける、なるべく体を積極的に動かす、問題を一人で抱え込まないような環境を作ることと言われています。
もちろん、最近は人材を大切にする企業が特に増えてきていますので、休息や休みの取りやすさ、メンタル面のサポートは手厚くなっているようです。

企業に頼るのも良いですが、体調管理は社会人として基本ですので、自分でもしっかりとケアする必要があります。
休息はこまめに取り、休日は仕事のことを考えず、ゆっくりリラックスするのが大切です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です