システムエンジニアのやりがいと苦労

システムエンジニアはIT産業において最も重要となる新しいアイディアを生み出すことを担当する職業です。世の中にある問題について理解し、その問題を解決するために生み出されたアイディアを仕様書としてまとめることにより、実際にプログラマによる開発が進められていくようになります。プログラマがいかにその仕様書に基づいて効率的なプログラムを作り上げるかということも重要な要素とはなります。

しかし、システムが完成した際に評価されるのはそのシステムに組み込まれている斬新な発想であり、それを担うのがシステムエンジニアなのです。そのため、完成した暁にはこのシステムは自分の作り上げた物であるという満足感を持っていくことができ、それが大きなやりがいとなっています。

一方で、そういった評価に値するような新しいアイディアを生み出さなければそのプロジェクト自体が動かないということになります。企業によっては問題を探すことからが仕事となるため、クライアントを探すことに苦労する場合も少なくありません。そして、クライアントから問題の相談を受けてしまうとその解決をするシステムを考案することは必須になってしまいます。

そのアイディアが浮かばないと昼夜を問わずに苦悶することになり、うつ病にもなりかねない状況になる場合もあります。そういった苦労もあるものの、理想の実現による満足感をやりがいとして頑張っていけるのがシステムエンジニアなのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です