精神疾患にかかりやすい危険性が高い職種

システムエンジニアは、現代社会においてなくてはならない職種とされています。ありとあらゆるものが電算化され、システムによってその電算化された情報が集約されていく社会です。そのシステムは、システムエンジニアにより開発から最後のテストまで行われていきますが、クライアント側からの要望などにより、納期が限定されているケースも少なくありません。

この納期などが限定されているという点が問題で、それだけシステムエンジニアにかかる負担は大きく、また緊張感を伴った仕事となっています。長時間労働になりやすいこともあって、精神疾患などを発症する人も少なくない職種の一つです。残業などが重なれば、いかに時間外手当などで残業代を支払おうとも、システム開発者にかかる負担は大きなものがあります。また、この職種に限らず法定労働時間を大きく超える長時間労働は、うつ病の発症や最悪の場合は自殺などの危険性が生じます。

このため、いかにしてこうした問題を避けながら対応をしていくかが雇用主側には求められます。また、こうしたプレッシャーの中で働いている人たちのおかげで、私たちは便利な生活を享受できるわけです。
つまり、こうしたシステム開発によって、そのシステムにより便利さを享受できる人が多ければ多いほど、開発者冥利に尽きると言えるでしょう。長時間労働をうまく避けるように適切な人員配置を行いながら、より良いシステムを提供していくことになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です